ピンポイントで無駄なく使える!塗布タイプ育毛剤

塗布タイプと服用タイプ

育毛剤には、頭皮に直接塗るタイプのものと、薬を毎日飲むタイプ(内服薬)のものがあります。一般的なのが、頭皮に塗るタイプの育毛剤です。ドラックストアや通販で簡単に入手することができ、誰でも手軽に使うことができます。塗布タイプは簡単に入手することができますが、服用タイプのものは、病院などでAGAを治療するために処方されているのがほとんどです。内服薬を使用すれば、内側から薄毛の原因を改善することができるので、その分薄毛を改善する効果や育毛作用が高めです。しかし、体に重大な影響を及ぼす可能性もあるため、医師の診察によって処方されることになります。塗布タイプは男女問わず身近な所で入手して使用することができますが、服用タイプは副作用の心配もあるため、簡単には手に入れられません。

塗布タイプの特徴やメリットとは

塗布タイプは誰でも気軽に入手でき、肌に優しい成分で作られているため、使いやすいのが特徴です。その他にも、塗布タイプは部分的に治療できるというメリットがあります。塗布タイプは髪の毛の薄くなった部分に塗って薄毛の改善を目指すので、部分的に薄毛が進行している人におススメでしょう。髪の毛の薄くなり方はひとそれぞれなので、気になる所に塗って治療できるのは嬉しい所です。また、内服薬の場合、薬を体内に入れて治療するので、副作用のリスクが高まります。しかし、塗布タイプの育毛剤は外側から部分的に治療することになるので、副作用に悩まされることが少ないのです。育毛剤は長く使ってこそ効果を発揮し、薄毛を改善することができます。薄毛が気になる方は、まずは安全に使用できる塗布タイプから試してみる方が良さそうです。