初めて育毛剤を使ってみようと思い立った時、どんな種類があるのだろうか、と悩んでしまうのではないでしょうか?ここでは、育毛剤を大きく2種類に分けて、その特徴などをお伝えしていきます。皆さんの育毛剤選びに少しでもお役に立てたらと思います。

頭皮に直接使う育毛剤

ピンポイントで無駄なく使える!塗布タイプ育毛剤

全体に隅々まで行く届く!スプレータイプ育毛剤

飲み薬タイプの育毛剤

効果が期待できる!医師による診断での育毛剤

医師による診断で処方される育毛剤は、市販品と比べて抜け毛や頭皮の炎症、生え際の後退など、自分が気になる症状をピンポイントで解決しやすいという利点があります。特に、ミノキシジルやプロペシアなどの発毛…

More Info

副作用がある?飲み薬タイプ育毛剤

飲み薬タイプの育毛剤は、頭皮が炎症を起こしている人も使用できるというメリットがありますが、人によっては薬の成分の影響のため吐き気や頭痛など様々な体調不良が起こることがあります。特に、慢性的な持病が…

More Info

飲み薬は高価?ジェネリック医薬品について

医療機関で処方される飲み薬タイプの育毛剤の中には、毎月の費用が一万円を超えるものも少なくなく、経済的な理由で治療を途中で断念してしまう人もいます。こうした問題を解決したい時には、ジェネリック医薬品…

More Info

普段通りに洗うだけ!シャンプータイプ育毛剤

洗うだけでOK!育毛シャンプー

育毛という言葉を聞くと、育毛剤を真っ先に思い浮かべる人が多いかもしれません。しかし、最近では普段通りに洗うだけのシャンプータイプの育毛剤、「育毛シャンプー」というものが増えつつあります。従来のシャンプーと違い、育毛シャンプーには育毛の環境を整える成分が含まれているという特徴があるのです。育毛剤と育毛シャンプー、2つは全く効果が同じように思えるかもしれませんが、それぞれには違いが存在しています。まず、育毛シャンプーは髪の毛の汚れや臭い取り除く、髪の毛を清潔にするという効果が期待できます。抜け毛の原因になる余分な皮脂や菌を落とし、頭皮環境を清潔に保ちながら発毛を促してくれるような環境を整えることができるのです。

育毛シャンプーと育毛剤の違いについて

育毛シャンプーは、頭皮を清潔に保ち、育毛の環境を整えるなど、土俵の改良が大きな目的です。育毛シャンプーの中には、髪の毛を生やすような成分は含まれていないため、育毛シャンプーを使うだけでは薄毛が改善する可能性は低くなってしまうでしょう。発毛させたい場合は、育毛剤に髪の毛に必要な栄養素や効果的な成分が入っているので、そちらを使用する必要があります。しかし、頭皮の環境が悪化していれば、育毛の妨げになります。頭皮が荒れている、頭皮が不潔の場合は、毛根まで育毛剤が浸透しにくくなり、十分な育毛効果を発揮することが難しくなってしまうのです。育毛シャンプーを使えば洗い残した汚れや毛根の中にある老廃物を排除し、育毛剤の成分や食べ物から摂取した栄養が頭皮に届きやすくなります。育毛シャンプーと育毛剤は、同じ「育毛」という文字が使われていますが、目的や効果が違うので、しっかりと覚えておきましょう。